将棋倶楽部24に登録しました!

本日、将棋倶楽部24に登録しました。私はネット対局よりも実際の将棋盤を挟んで指すほうが好きで、これまでにインターネットで将棋を指すという事は少なかったのですが、今日初めて、将棋倶楽部24に登録して遊んでみた結果、非常に楽しかったです。

スポンサードリンク

じつは3年程前にも将棋倶楽部24に登録してみようと思った時があって、その時は登録する時に携帯電話のメールアドレスが必要で、迷惑メール対策としてドメイン指定受信設定にしているのを忘れていて、「なんで登録出来ないんだ!?」ってなっていました。

そんな事もあって、将棋倶楽部24とは無縁だったのですが、今日なんとなく登録してみようと思って登録画面に入ってみると、PC用のメールアドレスと携帯電話の番号を入力してSMSメールで簡単に登録できました。

棋力設定は15級からのスタートで5局指しました

将棋倶楽部24には「強い人ばかり」というイメージがあって、自分では5級と思っていても将棋倶楽部24の5級ではないかもしれないと思い、はじめは15級からスタートしてみる事にしました。5級の棋力があれば次第に5級に昇級できると思いますし、はじめから自分の棋力を5級だと決め付けるよりは良いと思ったからです。

はじめは扱い方も分からずに色々扱っていたら、突然対局の申込があって承諾すると対局画面に移ります。ユーザー名や相手の棋力を確認する余裕もなく、持ち時間を確認するだけで精一杯でした。持ち時間15分秒読み30秒が3局、持ち時間1分秒読み30秒の早指しが2局だったのですが、特に早指しだと相手の棋力を確認する余裕はありません。

5局指してみた結果は、一応5戦5勝の成績ですが、指してみた感想は「15~11級でこんなに強いのか!?」というものでした。

強いという表現が正しいのかは分かりませんが、常に正しい手を指そうとする将棋ソフトとは違い、やはり人間相手なので相手の読み筋や狙い筋、棋風などを読み取っていかなければいけない難しさは将棋ソフトとは比べ物になりません。

また、日頃から私が指している友人や師匠は、相居飛車の将棋が多く、対振り飛車と対抗型で指す事が少なかった私にとっては非常に新鮮な感覚です。初手▲5八飛なんて指されると、2手目から「△3四歩?△8四歩?」と悩まされますし、どういう展開になるのか楽しみです。

そういう感じで、将棋倶楽部24でなければ味わえないような将棋を5局楽しんできました。

これからの将棋倶楽部24

今日、将棋倶楽部24で遊んでみて非常に楽しかったので、これからも将棋倶楽部24を続けていきたいと思っています。ただ、1日に5局も指すような時間が無いので、平日に指せる時は1局、休日でも2局程度にしたいと思います。

将棋倶楽部24は楽しいですが、やはりレートは下げたくないと思ってしまいますので、体調も考慮して、将棋倶楽部24で遊ぶ時には万全な状態で指したいです。将棋ソフトとのレート戦でも「早くレートを上げたい!」と思って指していると連敗する事も多いですから。

まずは、ゆっくりと将棋倶楽部24の5級を目指していきたいと思います。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ