将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラム

今日はエイプリルフールですが特別なネタもなく、「将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラム」を読んでいました。今年から始まったようでまだ知らない方もいるでしょうから、今日は「将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラム」の紹介です。

スポンサードリンク

将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラム
将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラム

将棋連盟モバイル将棋倶楽部24コラムは、将棋倶楽部24席主の久米さん、渡辺明竜王、遠山雄亮五段、山口恵梨子女流初段など草々たるメンバーによって書かれているコラムです。将棋倶楽部24の魅力や思い出、レートを上げる方法など、将棋ファンには興味深いものばかりです。

特に「倶楽部24でR上げる方法」を担当された西尾さん(西尾明六段かな?)の記事に納得する事が多かったので少しだけご紹介。集中力を維持する方法です。

指しながら他のことをしない

24で対局することに慣れると、余裕が出てきてリビングにあるテレビを付けたり、音楽を聴いたり、人と会話をしたりしてしまう方も結構いるのでは?思考の邪魔になるので今すぐやめましょう。

テレビは見なくてもテレビの音声だけ聞いて指してしまう事があります。たしかに対局に集中するという意味では無音の環境が良いですね。

こまめに休憩を入れる

負けが込み始めるとついつい熱くなって、もう1番!となり、勝ち星をすぐに求めてしまいがち。しかし、正常な心を失った状態では悪手を重ねやすいもの。余計負けが込む前に1回リフレッシュしましょう。大学の講義が90分であることを考えると2~3局に1回くらい休憩を取るのが良いのでは。

私の場合、将棋倶楽部24で遊べる日でも2局ぐらいしか指さないのですが、負けが込み始めるとついつい熱くなって…というのは、実戦の将棋でも同じことが言えそうです。連敗すると頭に血が上って、読みを入れずに早指しで指してしまう事がありますね。負けた時こそ冷静になる為の時間が必要なのかもしれません。

風呂で指すときは半身浴で

スマホ版倶楽部24が発売され、iPhoneやiPad片手に風呂に浸かりながら1局という人も増えたのでは?このとき大事なのは熱い風呂に入って血圧が上がり、好戦的な手を連発してしまうこと。無理攻めをすると相手に攻めを切らされてしまいます。なので、ぬるま湯に半身浴がベスト。暇せずに長時間浸かれるのでダイエット効果も期待でき、一石二鳥となる場合があります。

スマホやタブレットを持っていないので私には無縁なのですが、お風呂に浸かりながら24で指している人もいるなんて驚きです。

飲んだら指すな

お酒を飲むとテンションは上がるが、思考能力は下がり、楽しさは倍増するが、実力は半減します。飲んだら乗るな同様、飲んだら指すな。

「飲んだら指すな」耳が痛い言葉です。私、居酒屋に将棋盤と駒を持参して師匠や友人と指したり、自宅で指す時にもほとんど夜なので晩酌と将棋はセットになっています。お酒を飲むと将棋が弱くなるのは自分でも分かってる事ですが、この2つはやめられません…。

素面では指さないような派手な手も酔っていると指せてしまうという、「なんとかなるだろ」で負けてしまう原因ですね。

周りの目を気にしない

混んでいる電車の中で指すときなど、近くに人がいて気が散るなんてことはあり得る状況。秒を読まれて苦悶の表情を浮かべようものなら危ない人認定されるかもしれませんが、どうせ一期一会の関係。自分の世界に入ってパフォーマンスを安定させましょう。乗り過ごしだけに注意。

私は電車の中で指すという事はありませんが、もし電車の中で周りの目が気になって将棋に集中できないなら、電車で詰将棋、自宅に帰って24のほうがレートも上がりやすいでしょう。

このように将棋倶楽部24の事だけでなく将棋全般のコラムとして読めますので一読してみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ