四間飛車に対する想い

私は居飛車党で渡辺竜王のように相手の得意戦法を居飛車で迎え撃つという棋風に憧れているのですが、基本的には居飛車党なのに振り飛車も指しこなす羽生三冠のようなオールラウンダーにも当然憧れています。

スポンサードリンク

将棋を覚えたての頃に将棋を教わっていた師匠が四間飛車の使い手で、はじめは見よう見まねで四間飛車を指していましたが、ある出来事がきっかけで居飛車党に転向。最近仲良くさせて頂いている将棋の読み物の夜桜屋さんに影響受けた事や、藤井猛九段の解説を聞いた事で、「また四間飛車を指したい!」と思いました。

といっても、流行の角交換型四間飛車とかではなく、オーソドックスな角道を止める四間飛車です。

小学生との感想戦で居飛車に転向

将棋を始めたばかりの頃、ある将棋道場の大会に呼ばれた事がありました。当時の得意戦法だった四間飛車をひっさげて出場。相手は小学生で「ラッキー!」とか思っていたら見事に惨敗…。

ま、負けてしまった事に関しては仕方ない事だと受け止められましたが、その感想戦でその小学生は言います。「四間飛車だったらこの瞬間に銀が上がらないとw」、「美濃囲いはココが弱点なんだからしっかり守らないとw」、「四間飛車向いてないんじゃない?www」。。。

負けたから仕方ないけど、小学生は強いって聞いてたけど、20歳も下の小学生にそこまで言われると流石に凹みます…。

今、その小学生は奨励会に入って頑張っているらしく、それだけが救いなのですが、それがきっかけで四間飛車だけでなく振り飛車もやめて居飛車一本になります。「なにくそ!」と四間飛車を極めれば良かったのかもしれませんが、当時のダメージは大き過ぎました…。

将棋倶楽部24で四間飛車を指してみた

四間飛車に対する過去のトラウマを払拭する為にも、さっき、将棋倶楽部24で四間飛車を指してみましたが結果は惨敗…。本当は勝っても負けても、ここにその棋譜を載せようと思っていたのですが、

四間飛車向いてないんじゃない?www

というのを思い出してしまって…。

やはり、気まぐれで指せるほど簡単な戦型ではないなと改めて自覚。オールラウンダーには憧れますが、ファミレスの鰻では通用しないと実感しました。

PS.現在奨励会のK君に悪気があったわけではなく、本当に私が弱かっただけです。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ