羽生三冠、15年連続賞金王!

日本将棋連盟が18日に発表した2012年棋士獲得賞金・対局料ランキングで、羽生善治三冠の9175万円(推定)が1位で15年連続賞金王となりました。1993~96年、98~2012年の15年連続19回目らしいです。

スポンサードリンク

2位は渡辺明竜王の7197万円(推定)、3位は森内俊之名人の5317万円(推定)で、いずれも棋界を代表するトップ棋士です。

こういう記事は、将棋のプロ棋士は儲かるというイメージが沸いてきますが、プロ棋士になるだけでも困難なうえ、しかもトップ棋士だけが得られる限られた金額です。将棋だけでこんなに大金を稼ぐなんて本当に凄いですね。

当然、金額も羨ましいですが、個人的には好きな将棋を指してお金を稼ぎ生活するというスタイルが羨ましいです。私も将棋に携わる仕事で生活したいと常々思っていますが、なかなかそういう仕事って少ないですね。観戦記者とか憧れます。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ