「将棋の基礎知識」の記事一覧

急戦と持久戦について

将棋の戦法というよりも、序盤の流れと言ったほうが正しいとは思いますが、将棋には急戦、持久戦と呼ばれるものがあります。急戦は駒組みをしないで、または簡単な駒組みだけで急に仕掛けて戦いを始める将棋、持久戦はお互いに玉を囲い合・・・

手損と手得って何?

将棋は指す手によって手損(てぞん)と手得(てどく)があります。手損は自分の手番を損する事で、自分が手損する手を指したら相対的に相手は手得します。

駒の価値を覚えて駒の損得を考えよう

将棋は相手の駒を取ったり自分の駒を取られたりするので、序盤・中盤は駒の損得を考えながら指す必要があります。玉の次に飛車・角という大駒の価値が高いというのは初心者でもわかると思いますが、小駒の価値も覚えて駒の損得を計算しま・・・

初心者が覚えておきたい10種類の基本的な囲い方

将棋は、相手より一手でも先に相手の玉を取ったほうが勝ちです。逆にいうと、一手でも先に自玉を取られてしまうと負けになるので、玉は最も大切な駒で、玉が取られないように大事に囲う必要があります。

第62回NHK杯から見る最近流行っている7つの戦型

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ