第38期棋王戦五番勝負第4局 【渡辺明竜王 vs 郷田真隆棋王】の棋譜と感想 渡辺竜王が棋王奪取で三冠!

本日、栃木県の宇都宮グランドホテルで行われた【渡辺明竜王 vs 郷田真隆棋王】。郷田棋王は勝って対戦成績をタイに戻したい、渡辺竜王は勝って棋王位を獲得して自身初の三冠としたいという大事な一戦で将棋ファンにとっても注目を集めた対局だったでしょう。

スポンサードリンク

157手で先手:渡辺竜王の勝ち。

結果は郷田棋王に渡辺竜王が勝ち、渡辺三冠の誕生となりました。ただ、将棋の内容は本当に素晴らしく、リアルタイムでニコ生を見ていた私は感動してしまいました。

3手目▲2六歩、相矢倉を得意とする渡辺竜王なので▲6八銀かと思っていましたが、A級順位戦最終戦の【渡辺竜王 vs 郷田棋王】でも相矢倉になり、その一局で渡辺竜王は負けていたので相矢倉を避けて角換わり腰掛け銀の序盤で始まりました。

41手目▲1八香、44手目△9二香など、見慣れない指し手もありましたが、▲4五歩からの仕掛けで51手目▲5三桂成の局面、後手の郷田棋王は2時間24分の長考の末、△同金を選択。正直△同金でも△同銀でも、次に先手からの▲7一角が厳しく、このあたりから竜王有利だと思っていましたが、ここから郷田棋王の執念の粘りが凄かったですね。

先手の渡辺竜王有利のまま終盤に差し掛かったと思っていたのですが、78手目△4八飛が次に△4五角からの詰めろ飛車取りを狙った鋭い一手。当然、竜王もわかっている事なので、後手玉に迫りながらその筋を緩和しますが、驚いたのが88手目△7八飛成と飛車を切った手です。このあたりからお互いに一歩も譲らない展開になり、郷田棋王の粘り強い指し手が増していきます。

94手目△3三金打、88手目に飛車を切って取った金を受けに使うなんてなかなか出来る事ではありませんよね。「絶対に棋王位は渡さない!」という郷田棋王の強い執念を感じた一手だったと思います。

124手目△3五桂、130手目△4七歩成、140手目△4四銀、148手目△3三飛など、正確な指し手を指してくる渡辺竜王に対して、「絶対に負けるわけにはいかない!」という気迫すら感じた強い粘り。以下、形作りになってしまいますが、今最も勢いに乗っている渡辺竜王を相手に郷田棋王の気迫が一手ごとにビシビシと伝わってくるような凄い一局、まさに名局だったと私は思っています。

「私はタイトルを最低1つでも、保持していなければいけない人間だ」みたいなセリフを郷田棋王が残していると、何かの雑誌かテレビ番組かニコ生か忘れましたが、そのように語っているようです。たしかに今日の一局もそうですが、羽生三冠との第62回NHK杯準決勝第2局でも素晴らしい棋譜を残しているように、本当に凄いトップ棋士だと改めて再認識させて頂きました。このような素晴らしい一局を見せて頂ける様に、またタイトル挑戦へ頑張って頂きたいと思っております。

さて、郷田棋王に勝った渡辺竜王、いや渡辺三冠(竜王・王将・棋王)ですが、「王将、棋王の両方を取るのは難しいと思っていたので、自分でもびっくりしています。」と仰っているようですが、王将戦は4-1で奪取、今回の棋王戦も3-1で奪取と、圧倒的な強さでタイトルを奪取していますね。

2月に「七冠制覇も夢じゃない!渡辺明竜王が強すぎる!」という釣りっぽい記事で、「数年後には三冠以上は確実に保持できるだろう」と書きましたが、まさかこんなに早く三冠になってしまうとは自分の予想が的中した事よりも渡辺竜王の強さに驚いています。それどころか羽生三冠の5連覇と連勝記録をストップさせNHK杯初優勝も成し遂げているので想像以上の活躍です。

私たち将棋ファンが気になるのは、4月から始まる名人戦の結果、結果次第では羽生四冠となり、将棋界の七大タイトルを羽生善治、渡辺明という天才棋士2人で分け合い、奪い合うという形になるのか、これからのタイトル戦にはますます目が離せませんね。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ