第84期棋聖戦本戦1回戦 【渡辺明竜王 vs 行方尚史八段】

昨日、第84期棋聖戦本戦1回戦【渡辺明竜王 vs 行方尚史八段】の対局が行われました。渡辺竜王と、第71期順位戦B級1組で10勝0敗で2局残してA級昇級を決めた行方八段との対局に注目していた将棋ファンも多いはず。

スポンサードリンク

戦型は急戦矢倉、115手で先手の渡辺竜王の勝ちとなりました。

序盤は阿久津流の5筋交換型の矢倉で中盤まで形勢互角だったとは思いますが、竜王が穴熊に組んでからの攻めが恐ろしく強く、投了図以下詰みはありませんが一手一手ですかね。なにより先手陣の穴熊が堅陣のままなので戦意喪失でもおかしくありません。

B級1組で10勝0敗の行方八段をここまで圧倒するなんて竜王の強さは恐ろしい…。

渡辺竜王としては、A級とB級1組との実力の差を見せつけた一局となりましたが、来期A級の昇級が決定している行方八段としては今回の結果・内容をどのように受け止めるのか。来期順位戦の【渡辺明 vs 行方尚史】にも注目度が高まりそうです。

【追記】 渡辺竜王が強すぎる

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ