第84期棋聖戦五番勝負第4局 【渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖】の棋譜と感想

新潟県新潟市「高島屋」にて、第84期棋聖戦五番勝負第4局【渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖】が行われました。

スポンサードリンク

100手で羽生善治棋聖の勝ち。
第84期棋聖戦は羽生棋聖の防衛となりました。

戦型は横歩取り、16手目△3三角では第2局で羽生三冠が勝っているだけに相横歩取りになる△8八角成もあったと思いますが、本局は△3三角戦法の△8四飛型。

24手目△9四歩が珍しく、さらに26手目△9五歩と序盤早々に9筋を突き越します。先手から先攻されそうな怖い指し方ですが、指してるのが羽生三冠なので準備してきた作戦という事でしょうか。後手から角交換した後、△1四歩、△1五歩と1筋も突き越し、端に手数をかける後手の序盤が印象的。

44手目△1六歩から▲同歩、△1七歩、▲同香、△1九角は渡辺竜王の指し手も早くて、読み筋だったと思いますが、52手目△5五馬の局面では局後の感想で渡辺竜王は「△1八歩から桂か香を取られてしまう筋が見えていて忙しいです。単に▲2八飛は△4五桂があります。」と仰っています。

58手目△4四飛と途中下車して先手に▲4五歩とさせてから△5四飛とする手順は勉強になる手順でした。次に後手から△8八馬、▲同金、△3八銀、▲2八飛、△4七銀成、▲同銀、△5七金という攻め筋があって、61手目▲2八飛としましたが、局後の感想では▲7七銀だったと仰っています。

62手目△6五馬、次の△4七馬、▲同銀、△5七金が厳しすぎるので、△6五馬に対して▲5六歩と受けますが△同馬。手数をかけて作った馬を切っていく手順は勿体無いようにも思いますが、玉の堅さに差があるので△同馬にも成算が持てますね。局後の感想では65手目▲5八飛が勝負手だったと仰っているように、渡辺竜王としても自信がない局面だったと思います。

以下、手堅い△6二銀打や△5五歩に対して▲6六飛と指せない事からも羽生三冠ペースの終盤戦だったと思います。

これで今期の棋聖戦は羽生三冠の防衛という結果になりました。第5局まで観たかったというのが本音ですが、三冠同士、またゴールデンカードというだけあって、ハイレベルな将棋ばかりで非常に面白いシリーズでした。

棋聖戦が終わったばかりですが、羽生三冠、渡辺三冠なので、またこのゴールデンカードのタイトル戦を観れる可能性が高く、早くも次の対戦を期待しています。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ