急戦と持久戦について

将棋の戦法というよりも、序盤の流れと言ったほうが正しいとは思いますが、将棋には急戦、持久戦と呼ばれるものがあります。急戦は駒組みをしないで、または簡単な駒組みだけで急に仕掛けて戦いを始める将棋、持久戦はお互いに玉を囲い合ってからじっくり仕掛ける将棋です。

スポンサードリンク

ただ、急戦と持久戦には明確な境界線はありません。よく言われているのは、「何手以内で終局すると急戦」や「何手以内に仕掛けたら急戦」、「戦型・戦法で急戦か持久戦か決まる」など、急戦と持久戦を定義するものはなく感覚的なものに近いです。ですから、急戦と持久戦において大切な事は、「この一局は急戦(または持久戦)だ」と決め付けないことです。

将棋は相手がいることですから、自分は玉をしっかり囲ってから仕掛けたいと思っていても、相手から急戦でガンガン攻めて来られることも珍しくありません。それでも駒組みを優先していると取り返しがつかないほど攻め込まれて形勢が悪なってしまいます。

逆に、急戦で攻めたいと思って序盤からガンガン攻めても、一旦局面が落ち着くとカウンターを狙われ、自玉が薄いので一気に詰まされる危険性もあります。急戦にしても持久戦にしても、ある程度相手との歩調を合わせ、急戦にも持久戦にも対応できるような戦型や戦法を用意しておきたいです。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ