「王手」と「詰み」と「詰めろ」と「必至」の違い

将棋を始めたばかりの頃は、「王手されたら負け?」、「詰みって何?」と疑問に思っていた事があったので、初心者の方向けに王手と詰みの違い、そして詰めろと必至の違いについても同時に解説します。

スポンサードリンク

「王手」とは?

王手は相手玉に自分の駒が利いている状態で、「この王手を防御しないと次の一手で私が勝ちますよ」という手です。王手をされた側はその王手を絶対に防がなければいけないので、王手されている駒を取ったり、王手されている駒の利きから逃げたり、合駒を打ったりして、王手されている状態を防御します。

王手

▲5三歩と打って王手した局面。
後手がこの王手を防御する為には、△同玉と王手されている歩を取るか、5二の地点から玉を動かすかの2つの選択肢しかありませんが、どちらを選択しても王手は防御できます。

王手されたら負けになるのではなく、このように防御できる王手には、王手されている駒を取る、王手されている駒の利きから逃げる、合駒をして王手を受けるという3パターンの対応ができます。

「詰み」とは?

「詰み」は王手の一種ですが王手の中で最も厳しい王手です。なぜなら、「この王手で詰みの形になり、あなたには防御する手もないので私の勝ちですよ」という手だからです。つまり、防御する事ができない王手の形を詰みと言います。

詰み

▲5二金と打って王手した局面。
王手を防御する為の「王手されている駒を取る」、「王手されている駒の利きから逃げる」、「合駒をして王手を受ける」の3パターンでどれも防御できない形です。ちなみに、これは詰みの形で最も基本的な頭金(あたまきん)と言います。

また、このように最後まで詰まなくても、「あと3手で必ず詰む」という形を3手詰めといい、自玉の詰みが見えた瞬間に投了することが多いです。ですから、詰み損なわなければ、詰み形になった時点で勝敗が決まります。

「詰めろ」とは?

「詰めろ」は、「詰めよ」や「一手すき」、略して「ろ」とも呼ばれていて、「この手に対して、あなたが平凡な手を指したなら、その次の手であなたの玉を詰ませられるので私が勝ちますよ」という手です。

詰めろ

先手の持ち駒に金が1枚あるとして、▲5三歩打と指した局面。
次に▲5二金打と指すと、先程の頭金という詰んだ形になり先手勝ちになります。

後手からすると、「次に5二に金を打ったら私の勝ちですよ」と言われているようなものなので、何か対応しなければいけません。「詰めろ」の対応策は4つ。1つ目は、次に▲5二金打を指されても良いように、4一、4ニ、6一、6二のいずれかに逃げておく事、2つ目は、持ち駒を使って5二の地点を守る事、3つ目は王手と5三の歩の両取りで、5三の歩を取ってしまう事。

そして、4つ目は、この瞬間に先手玉を詰ませてしまう事です。▲5三歩打と指された瞬間は「詰めろ」ではあるけれど、王手でも何でもない局面です。この瞬間に先手玉を詰ませることができると一手差で後手勝ちになります。

詰ませる自信がなければ早めに逃げたり、5二の地点を守ったりすれば良いだけで、まずは相手玉を詰ませる手順から読みたいです。

「詰めろ」をかけたつもりが、その一手前に「詰めろ」をかけられていて詰まされたなんて事もよくありますので、「詰めろ」をかける時は、まず自玉に詰みがないかを確認して、「詰めろ」をかけられた時は相手玉を詰ませる手順から先に読むことが大切です。

また、盤上の駒を取った瞬間に「詰めろ」がかかる事もあるので、「詰めろ」をかける為に必要な駒は何なのかを考えて、質駒があれば取って「詰めろ」をかける。反対に何の駒を渡したら自玉に「詰めろ」がかかるので渡せないなども考えましょう。

「必至」とは?

「必至」は「必死」とも書きますが、「この一手であなたの玉に必至がかかったので、あなたが勝つには一手も空かずにわたしの玉を詰ますしかありません」という一手です。

必至

先手の持ち駒に金1枚、桂馬1枚があるとして、▲8三銀打と指した局面。
後手が残りの駒全てを持ち駒として持っていて、どんな指し方をしたとしても、次の先手からの王手の連続で必ず詰んでしまう形。つまり必至です。

必至をかけられた後手の選択肢は「投了」を除くと、この瞬間に先手玉を詰ます事しかありませんが、それは必至をかけた先手もわかっている事なので、先手玉に詰みがないことを確認して必至をかけている場合がほとんどです。その読みが間違っていて即詰みの筋があれば後手勝ちですが、実際は必至をかけたほうが勝つという将棋が多いです。

また、先手玉に王手で迫って、その途中で8三の銀を抜ける場合は必至とは言いません。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ