第6期マイナビ女子オープン挑戦者決定戦 【鈴木環那女流二段 vs 里見香奈四冠】

昨日、第6期マイナビ女子オープン挑戦者決定戦 【鈴木環那女流二段 vs 里見香奈四冠】の対局が行われました。

スポンサードリンク

108手で後手:里見四冠の勝ち。

角換わり腰掛銀の序盤から48手目△9三角と覗かれた時に▲5七銀と受けなければいけないのは先手にとって厳しい局面になったと思います。63手目▲4五歩も次の角取り・飛車成りの両方を受けれないので仕方ない一手。このあたりから先手有利だったと思います。

66手目△7六歩で角道を通してからの68手目△3六銀が非常に厳しく、金は離され、5七の銀を取りながらの角成り、このあたりからはっきり後手優勢だったと思います。以下108手目△1三玉を見て先手鈴木女流二段の投了です。

これで上田初美女王への挑戦者は里見四冠に決まりました。

つい先日、女流名人位戦が行われたばかりで同じカードになりましたが、里見四冠vs上田女王の対局は見ていて楽しい将棋が多いので非常に楽しみです。五番勝負第1局は4月3日から始まります。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ