第62回NHK杯準々決勝第2局 【渡辺明竜王 vs 佐藤天彦七段】

【渡辺明竜王 vs 佐藤天彦七段】というプライベートでも仲が良い2人の対局。
http://inaw.exblog.jp/16584651/

スポンサードリンク

戦型は横歩取り、81手で先手の渡辺竜王の勝ちとなりました。

37手目▲1七桂、昨日の第6回朝日杯将棋オープン戦準決勝【渡辺明竜王 vs 羽生善治三冠】でも羽生三冠が指しましたし、解説の阿久津七段が仰っていたようにプロの横歩取りでは流行っているようですね。

個人的には66手目△8九飛と飛車をおろした局面あたりまで難しい形勢判断だったと思いますが、感想戦では62手目△4二桂が敗着だったと佐藤天彦七段が仰っていました。△3三歩と打って▲同飛成となった瞬間に△8六歩としたほうが持ち駒に桂馬があって攻めの幅が広がるみたいです。

渡辺竜王の着実な指し手が印象的で最後は1手差で寄せきったという将棋でした。準決勝では【屋敷伸之九段 vs 鈴木大介八段】の勝者との対局なのでそちらも目が離せません。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ