第63回NHK杯1回戦第4局 【森雞二九段 vs 畠山鎮七段】の棋譜と感想

第63回NHK杯1回戦第4局【森雞二九段 vs 畠山鎮七段】が行われました。

スポンサードリンク

109手で先手:森雞二九段の勝ち。

序盤、△8五歩が早かったので▲7七角から▲8八飛と自然な流れで先手の向かい飛車。31手目▲8五桂、桂馬を取らせる代わりに8筋を逆襲していく指し方で向かい飛車だと結構見かける攻め筋です。居飛車側からすると取りたくない桂馬だけど一歩取られながらですからなかなか悩ましい攻め筋ですね。

39手目▲8六飛、△7六飛と△9六香を両方受ける上手い手でしたね。後手としては本譜のように桂馬か或いは角を使って局面を動かさないと次の△8四歩から△8三歩成が早いです。40手目△9四桂、得した桂馬なので惜しみなく投入。

43手目▲7七角、△8八歩と飛車を叩く手と△8六飛で飛車交換を迫る手を両方消している上手い手でした。中盤捻り合いで62手目△7九飛と先に飛車を降ろした後手が指しやすそうに思ってましたが、次の63手目▲1五歩から森雞二九段の攻めが凄かったですね。後手の畠山七段としては飛車を打って、さぁこれからという時に端攻めからあっという間に71手目▲1一角が詰めろ。畠山七段も意表を突かれた攻めだったのではないでしょうか。

後手としては▲1四歩が残ってますが詰めろを消しながら馬を後退させるのが精一杯。91手目▲3七同桂も驚きの一手。解説の福崎文吾九段も仰っていましたが、次の▲1三歩成も残ってますし▲同馬として安全に指したいところですが、▲同桂で跳ねた桂馬を攻めに使おうという強気な一手でした。

95手目▲2五桂、本譜では詰みを逃してますが実はこれが詰めろだったようで、96手目△4九龍には▲1三桂成からの17手詰みがあったようです。

森雞二九段とは世代も違いますし里見香奈女流四冠の師匠という認識ぐらいで、これまで森雞二九段の棋譜などはあまり見た事がなかったのですが、これからは今日のような面白い将棋を期待しつつ注目したいと思います。

来週の対戦カードは【中田宏樹八段 vs 佐々木勇気四段】です。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ