第54期王位戦白組1回戦 【渡辺明竜王 vs 佐藤康光王将】

現在、王将のタイトルを争っている佐藤王将と渡辺竜王の対局が6日に第54期王位戦白組1回戦で行われました。

スポンサードリンク

140手で後手の佐藤康光王将が勝ちました。

角交換からの向かい飛車は最近ホント多い戦法でよく見かけるようになりました。居飛車党の私からすると11手目に▲6五角と打ちたくなってしまいますが、△7四角、▲4三角成、△5二金左で馬が詰まされる展開ですかね。その後、▲7五歩、△4三金、▲7四歩も考えられますが変化も多く難しそうです。

中盤は70手目△5八歩成から後手の形勢が良くなった気がします。先手も穴熊相手に端から手を作っていきますが、丁寧に受けられて最後は1手差で佐藤康光王将の勝利。

2月13・14日(水・木)に第62期王将戦第3局が行われ手番も逆になりますが、今回の結果がどのように影響するのか楽しみです。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ