第62期王将戦七番勝負第4局 【渡辺明竜王 vs 佐藤康光王将】

第62期王将戦七番勝負第4局初日に続き、本日2日目が行われました。51手目、渡辺竜王の封じ手は予想通り▲7八玉から2日目が再開されます。

スポンサードリンク

119手で先手:渡辺竜王の勝ちとなりました。

一局を振り返ってみると、佐藤王将が第2局で負けてしまったダイレクト向かい飛車に再度誘導する形で始まった第4局で、△4二金や後手からの仕掛けのタイミングなど、佐藤王将の工夫が多く見られた一局でした。

先手の渡辺竜王も地下鉄飛車や65手目▲2七飛、97手目5七金が印象に残り、お互いに読みが深い素晴らしい一局だったと思います。

ニコ生解説の深浦九段も仰っていましたが、86手目△5九角に対して▲3九飛と指して先手良しという局面で87手目2二角成とお互いに飛車・銀を取り合った局面だと、91手目▲6四桂とした時に後手玉への詰めろが消えているようで形勢互角だったみたいですね。

終盤はどちらが勝ってもおかしくないような際どい終盤でしたが、やはり97手目▲5七金、△5二歩、▲4七金から先手ペースになった気がします。

これで王将戦の対戦成績は、佐藤王将1勝:渡辺竜王3勝となりました。佐藤王将としては角番に追い込まれ、渡辺竜王としては王将タイトルへ王手となりましたが、この2人の対局を1局でも多く見たい私としては、第5局は佐藤王将に期待したいと思います。

第5局は、3月6日から愛知県蒲郡市の「旬景浪漫銀波荘」にて行われる予定です。

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ